松井智司の「美」 その19 色の合唱

「カンヂンスキーの芸術論」から読み始めた。前回も書いたが、哲学、美学、色彩論など様々な要素が絡み合っている上、100年以上も前の日本語に訳されたこの本は実に難解である。見慣れない漢字も頻出する。読書が趣味の一つである私も、どこまで正確に読み取れたか自信がない。

その中で、智司社長を捉えたのはこれではないか、と膝を叩きたくなった言葉があった。

「色の合唱」

150ページに出てくる。この言葉にカンディンスキーは

(これは私が名づけたものである)

と書き添えている。念のために、この一節をここに書き写す。読みやすいように、古い漢字は新しい漢字、ひらがなに改めた。また送りがなも現代に合わせた。

「しかし私の学生時代には、絵画に対してだけは自由な時間を持つことが出来たので、明らかに不可能なことではあったにも拘わらず、「色の合唱」(これは私が名づけたものである)を画布の上に捕らえようと試みたものである。これはその性質上全く私の魂を感激せしめ、また深くしみ込んで来たものであった。自分はこの響きの全体の力を表現せんことを全力をつくして試みたが、とうとうそれは出来なかった」

色の合唱。これほど松井ニット技研のマフラーデザインにピッタリの表現はないのではないか?

さらに読み進めると、154ページから、カンディンスキーが根底から揺り動かされたという2つの事件が書かれている。モスクワで開かれたフランス印象派の展覧会と、帝室劇場でのワグナーの音楽会である。