松井智司の「美」 その25 世界一

松井ニット技研が生み出したマフラーが、突然「世界一」に選ばれたのは、2013年夏のことだった。コンテストがあって応募したのではない。宇宙飛行士、毛利衛さんが館長を務める日本科学未来館が勝手に選んだのである。

この年の4月、大阪・梅田に開業した複合施設「ナレッジキャピタル」が「THE世界一展」を企画した。これに日本科学未来館が協力、科学技術史グループの鈴木一義氏が監修して

「世界に誇る日本の優れた技術」

として170あまりの製品を選んだ。ソニーのウォークマン、ホンダのスーパーカブ、マツダのロータリーエンジン、日清食品のカップヌードルなどと並んで、松井ニット技研のアクリルミンキーマフラーが選ばれたのだった。すべての製品がまず大阪、次に東京で開かれた「THE世界一展」で展示された。

ひょっとしたら、あれは森山亮さんにたたき込まれた

「発注先にいわれた通りに作っていてはダメです。自分で企画をし、作り、販売するようにならないといけません」

というアドバイスが智司社長、敏夫専務の背中を押して作らせたものだったのかも知れない。作ったのは1990年代の半ばである。

このころ、三菱レイヨン(現三菱ケミカル)が新しいアクリル繊維を作った。毛羽立ちがしやすく、ミンクのような風合いが出せる、という触れ込みだった。そこは編み物職人である。興味を惹かれ、いくつか試作品を見てみた。どれも緯(よこ)編みのニット製品だった。